勝利至上主義でオンラインカジノをプレイ

オンラインカジノにおけるポーカーのルールと種類の概要

オンラインカジノのポーカー

今では、世界共通のエンターテインメントとして高い人気を誇っているオンラインカジノ。
このオンラインカジノは実際の店舗(海外のランドカジノ)と同様のゲームに興じることができるのが魅力で、そのなかでもポーカーは大変な人気を誇っています。

オンラインカジノでは実店舗と同様のクラシックルールというものから、ディーラーが親を務めるトライアル・参加者が1対1で対決をするバトルロワイアルの3種類の遊びを満喫することが可能です。

クラシックタイプというものは、計35枚のカードを使用して特定の役を作って勝敗を決するルールになります。フルハウスがもっとも高い得点を取ることができ、参加者と親から配当率に見合った払い出しを受けることができます。
オンラインカジノではビデオ形式のほか、ライブゲームでも挑戦できるので初心者でも気軽に挑戦することが可能です。

ポーカーのルール

トライアル形式の場合はディーラーと最大3名の挑戦者が勝負をするポーカーです。実店舗で人気がある種類で、5つの役を作りつつ、21以下の数字で勝負をするのが特徴のルールを持っているポーカーになります。比較的簡単なルールで覚える役も少なく、オンラインカジノでは初心者向けのゲームと呼ばれています。配当率もマイルドで遊びやすいでしょう。

バトルロワイアル形式は参加者と1対1で対決するもので、非常に高い配当率を有しているのがポイントです。
こちらのゲームはライブルームでしか遊べないので、必ず対戦者を待たないといけません。クラシックとは異なり計20枚のカードを使用して進めていきます。合計21の役を作ることになり、5ターン以内で勝負を決することが可能です。
配当率はテーブルのマスターが自由に設定できるので、腕に自信がある方なら10倍以上に配当率にして高い払い出しを手に入れることもできます。

ライブカジノでディーラーと勝負することができることとブラックジャック

インターネットで遊ぶことができるオンラインカジノは、ウェブカメラを使用してディーラーと勝負することができます。
ブラックジャックやバカラ等のゲームで対戦することができますが、ライブカジノは目の前で結果を知ることができ、自宅にいながら店舗を構えて運営するランドカジノの雰囲気を味わうことが可能です。

ライブカジノでブラックジャック

トランプを使用するゲームであるブラックジャックは、手持ちのトランプの数字の合計が21を超えないように点数を得るゲームで、合計が21を超えると負けとなるようルールで定められました。遊び方としては、ディーラーとプレイヤーにトランプを2枚ずつ配り、合計が21となるよう追加していきますが、ディーラーは17を超えるまでカードを追加しなければなりません。

カードの数え方には決まりがあり、2から10までは従来通りの数え方となりますが、JやQ、Kは10として数えます。エースであるAは特殊な数え方となり、1か11と数えますが、状況によって有利となるよう数えることが可能です。

ナチュラルブラックジャック

点数に関して具体的には、カードが4と9の場合は13となり、カードがKと7の場合は合計点数が17となりますが、Aを含む場合は二通りの数え方が可能となるため、カードがAとJの場合は11か21と数えなければなりません。

2枚で21を成立するとナチュラルブラックジャックとなり、ブラックジャックのルールにおいて最も強い手となります。成立すると通常と比較して配当が1.5倍アップしますが、具体的にはQとAやAと10、JとAを成立させなければなりません。配当については、ディーラーと比較して21に近い合計数で勝った場合は1倍となり、100ドル賭けて勝った場合払い戻しは200ドルとなります。トランプの数字が悪い場合は勝負を降りる事もできます。
サレンダーとなり、最初に賭けた金額の半額を支払わなければなりません。半額支払うことになりますが、半額は払い戻されるため損失を半額にすることが可能です。ディーラーとプレイヤーの合計点数が同じ場合は、引き分けとなります。